まあ最低限の患者のマナーは必要として

チームカラーに合わせて全員ブラックのマウスガードをはめたり、3色作って1軍·2軍·3軍で色分けしたりするチームもあるそうです。どうせマウスガードをはめるなら、遊び心を取り入れて楽しんでしまおう、チームの一体感を高めてモチベーションを上げよぅという気持ちが伝わってきます。
みなさんも、テレビでラグビーやアメフトの試合を見る機会があれば、選手のプレーだけでなく口元にも注目してみてください。私は歯科医なので、いつも自然と口元に目が行ってしまいます。
スポーツの場面だけでなく、欧米人にとって歯の矯正はごく一般的です。子どもも大人も必要であれば積極的に矯正をしていますし、「矯正している”お金持ちとしてのステータス」と捉えられることもあります。
たとえば、映画『ホームアローン』でのワンシーン。
歯ぐきを治療したところ

歯の位置が変わって来た

歳以上の約3万人を対象とした調査

マコーレー·カルキン演じる8歳の男の子が、家に侵入してきた泥棒たちをこらしめるコメディーですが、泥棒たちが盗みに入る家を物色しているとき、当時主流だったワイヤー矯正をしている子どもがいないかをチェックするシーンがぁりました。
なぜそのようにステータスと考えられているかというと、険診療がないからです。
特に米国においては、日本のような保歯科診療も当然保険適用外で、自由診療として高額な医療費が請求されます。
そのため、一般的な歯科診療よりさらに高額な歯列矯正をしている1高収入の家庭、という印象を抱くんですね。
日本は”隠す”文化ですから、歯列矯正でもマウスピースが目立たないかを気にしたり、ワイヤー矯正で使うゴムの色は歯の色に近い白を選んだり、とにかく「人から知られずに矯正をしたい」と考える傾向があります。
ところが、海外では若い女性や子どもたちがあえてワイヤー矯正に使うゴムの色をカラフルにして、日によって色を替えたり、服の色と合わせたり、ファッション感覚でつけている人は多いです。
矯正を嫌がりそうな小さい子どもでも、ゴムの色を選べるとなると喜んでつけます。子どもを飽きさせないため、矯正を苦に感じさせないために工夫しているクリニックは海外では多く見られます日本でも、人気のタレント、モデル、する見方が変わるかもしれませんね。
アイドルなどが矯正をオープンにやっていたら、矯正に対
マウスピース矯正ホワイトニングでアンチエイジング最近、ワイヤー矯正をしのぐ勢いで人気があるのがマウスピース矯正です。患者さんの歯列を型どり、それをもとに正しい位置に歯を動かすためのマウスピースを作成し、少しずつ歯並びをそろえていく方法です。


歯周病にするのです
歯周病にするのです

歯も気になってしまうくらい矯正治療をする

なかなか症状が改善しない理由マウスピース矯正のいいところは、ワイヤー矯正と違い、着脱が患者さんの手で手軽にできるとうこと矯正器具はできるだけ長時間装着している方がいいのですが、食事のときや人前に出るときサッとはずすことができます。
さらに最近では、矯正のついでに歯のホワイトニングもしてしまおうという、でもマウスピースが用いられるようになってきました。
審美歯科的な観点特に欧米ではポピュラーな方法で、現地のドラッグストアに行けば、マウスピースを使ったホムホワイトニングのアイテムが当たり前のように売っています。
歯垢がまだ残っているなと感じた歯がすり減っている知覚過敏がある日本でも最近増えてきたように思います。
やり方は簡単で、マウスピースの中にホワイトニング効果のある過酸化尿素のジェルを入れて、あとは通常と同じように歯にはめ込むだけです。寝る前に装着すれば、寝ている間にジェルの成分が歯を白くしてくれます。マウスピースをはめることでホワイトニングの定着率もアップするというのがポイントです。
矯正のついでにホワイトニングをする、という感覚の人もいれば、するなら、矯正もしてしまおう、という人もいますその逆で、ホワイトニングを歯のホワイトニングは歯科やデンタルサロンなどでもできますが、自宅でもできる手軽さと、リニックやサロンでしてもらう場合と比べて割安なところが魅力ですねク意外なのが、マウスピースでホワイトニングをする人は、当院の場合、50多いんです。

他の歯科医院に勝つことを追いかけていない

なんとなく、若い女性がやるイメージがあるかもしれませんが、性が中心です60代の女性が意外にアラフィフ以上の女若い人よりご年配の方が多いのは、老化による歯の黄ばみが気になるからではないかと考えています。歯の内側にあるクリーム色の象牙質は、肌と同じく新陳代謝を繰り返すことによって年々色が濃くなっていきますまた、表面のエナメル質も毎日の歯磨きや歯ぎしりで薄くなっていくため、内側の象牙質の色が透け、より黄ばんで見えてしまうんです。
それは並べた歯の裏側


まず歯が痛くなって
まず歯が痛くなって

歯科医療の質と診療効率を高める新しい歯科医療機器

それに加え、歯並びに凹凸があると光が当たらない部分が影になり、口元が暗く見えてしまいます。マウスピースでホワイトニングをすれば、矯正によって凹凸がなくなるだけでなく、美白効果もあるのでより白く見える。一挙両得な技ですね実際にホワイトニングをした患者さんは、みなさん「歯が白くなると、ファンデーションの色や口紅の色が明るく見える」とおっしゃいます。いくら綺麗にお化粧をしていても、歯が黄ばんで影があると口元だけ老けて見えてしまう。歯が白いと、より若々しく見えるんですね。
ホワイトニングも矯正も、アンチエイジングの1つとして取り組んでいる人が最近増えてきたように思います。エステに行ったり高級な化粧品を使ったりするように、歯も顔の一部として、アンチエイジングを完成させる意味で取り入れてみるのもいいかもしれませんね。年齢を重ねても、自信を持って歯を見せて笑えれば、女性はぐっと美しく見えます
美意識の高い人はマウスピース矯正を選ぶ?
マウスピース矯正で有名なのは、米国のアライン·テクノロジー社が生産している「インビザライン·システム。

歯肉は腫れ部分入れ