歯医者が考えるいい入れ歯いいブリッジ

毎晩、歯に強い圧力がかかり続けているうちに歯はもちこたえられなくなり、一部が欠けたり削れたリして、歯にクラックと呼ばれるヒビが入ります。欠けたり、ヒビが入った歯は健康を損ない、2度と回復することがありません。
歯の寿命については、たとえ治療のためとはいえ、できるだけ歯を削らないことが生涯歯を残すために最善の方法であることが一般的に知られるようになっています。
それは一旦、歯を削ってしまうと、2度と再生不可能だからです。そして、その削られたところから細菌が侵入して再びむし歯になっていきます。すると、また削らざるをえなくなります。この悪循環が歯を失うまで続くからです。
この悪循環は、食いしばりによって歯が欠けたり、ヒビが入ってしまうことでも引き起こされます。
恵比寿の歯科では歯みがきを推奨
歯磨きの方法を教わりました

  • ポスターを作る作業を通して
  • すべての種類の歯において永久
  • 第三段階更に進むと歯垢

様々な嘔吐反射の患者さんを診てきました

口呼吸をしている

口を大きく開けて、舌を上げてみてください。
下の顎に小さなコブができていませんか?
また、
を保つおもりの役割を果たしています。顎は常に首や肩の筋肉と連動してバランスを保っているのです。また、身体の重心に対しては左右前後に動くことで体のバランスを保つ振り子の役割も果たしてくれています。
下顎がずれないで身体のバランスを保てる人はほとんど無いに等しいです。
程度の差こそあれ、ほとんどの人に下顎のずれがあると考えられています。
下顎のずれは身体にゆがみを生じさせます。

歯磨きの方法を教わりました

歯科医に勧められて購入したという声も多く

下顎の位置がずれると頭の重心がずれて、頭を支えている頸椎首の骨にゆがみが生じます。すると、身体の中心軸がずれて、首や背骨、骨盤など脊椎全体にも異常があらわれます。
こうした身体のゆがみは健康レベルを低下させます。ゆがみがあると血流が悪くなるため、身体が冷えて低体温になり免疫力が低下して病気にかかりやすくなります。体温が1度下がれば、免疫力は30%も低下するといわれていますまた、顎がずれてしまうと筋肉のバランスが崩れ、左右どちらか一方の筋肉が過度に緊張し、血管や神経が圧迫されるようになります。
歯医者さんが言うのなら今日

歯ブラシがきちんとできるという事は健康の基本の基本です

それにより肩こり、偏頭痛、めまい等の様々な症状が出るようになります

なかなか症状が改善しない理由

ひと昔前、むし歯になると、その悪くなっている箇所を削って、詰めたり被せたりすることで治ると考えられていました。ところが、せっかくきちんと治療したにも関わらず、数年後にその治療した箇所にむし歯が再発してしまった経験は多くの人が子ども時代に経験しているのではないでしょうか?
なぜ、再発してしまうのか?
それは、むし歯になる根本的な原因を取り除けていないからです。
むし歯は細菌感染症です。むし歯を引き起こす原因菌が口の中で増殖して、酸により歯の表面を溶かすことで、むし歯になりますいくら悪くなっている箇所だけを削っても、口の中からむし歯の原因菌を取り除いているわけではありません。すると、人が何かを食べたり飲んだりして糖を摂取するたびに、それを栄養に再び増殖して、むし歯を引き起こしてしまうのです。
むし歯と同様、不定愁訴も痛みやこりなどの症状があらわれている部位だけを見て治療するのではなく、全く違う原因で症状を起こしている可能性がかなり高いのです例えば、頭痛を引き起こしている原因が「食いしばりによる大きな力が原因なのに、頭痛薬を飲んでも根本的な解決にはなりませんし、腰痛の原因が「食いしばりによる身体のねじれなのにシップや痛み止めの注射を打ってもらっても、一時的に痛みを和らげるだけで数日後にはまた食いしばりにより再発してしまうのです。

歯や粘膜に付着するのを防止する歯ごたえがあります

一時的に痛みを和らげたり緩和したりすることがこのように、身体のある部分に出た症状に対し、目的の治療法を「対症療法」と呼ばれています。
慢性的な頭痛や肩こり、腰痛、めまいなどで苦しんでおられる方の多くが、医者から言われたとおリにきちんと通院して治療を受けているにも関わらず、なかなか症状が改善しないのは、根本的な原因を究明できていないからです。原因が特定できていないのに、有効な治療や施術を行えるはずがありませんよね噛み合わせと不定愁訴20年ほど前から、不定愁訴と噛み合わせの関係が話題になり始め、「不定愁訴の原因は噛み合わせである」ということを多くの歯科医が提唱し、その治療に携わるようになってきました。
歯みがきはおしまいねとたっぷりほめて終了します

歯周病をなくす裏ワザ以上を勘案した上で最も虫歯
歯周病をなくす裏ワザ以上を勘案した上で最も虫歯

それについてはで詳しく解説します

かくいう私も数年前まで、患者様が訴える不定愁訴の原因は噛み合わせにあると信じていました。
ところが、明らかに噛み合わせが悪いのに、まったく元気で何の問題もないという方もいらっしゃるのです。
私は、なぜ症状が出る人と出ない人がいるのかということを突き詰めていったときに、症状が出る人には必ず「食いしばり」があるということに気づいたのです。
日々、無意識のうちに行われる食いしばりによって断続的にダメージを受け続けた顎は、やがて許容限度を超え、正常な働きができなくなります。その悪影響が全身に波及して、頭痛や腰痛、めまいや手足のしびれといった症状を引き起こすのです。
つまり、噛み合わせは食いしばる要因のひとつにすぎないのです。
従来の治療法の問題点現在、一般の歯科医院や大学病院で行われている治療は次の3つです。
実際、私は顎関節治療をする時に患者さんが痛みを感じている部位に触れ、どれくらい悪くなっているのかを診ます。経験を積むと、少し触れただけで痛みの度合いが分かるようになります。つまり、筋肉がどれだけ緊張しているかが分かるようになるのです。
例えば、マウスピースを入れた後、特に患者さんの肩や首の筋肉の緊張が本当に改善されているかどうか、逆に悪くなっていないか、医師は必ず確認しなければいけません。でも、ほとんどの歯科医師は確認しません。いつまでたっても症状の改善が見られず、ともすればマウスピースの調整だけに1年もかかってしまうのはそのためです。